ギャラリー新居東京
トップページ展覧会作家紹介新着作品画廊案内リンクお問い合わせ

作家紹介

尾川 宏 TANIKAWA OGAWA

●略歴
1932 広島県に生まれる
1954 行動美術展に出品(以後'86まで)
1959 向井良吉に師事
1961 集団現代彫刻展に出品
1963 宇部市の第一回野外彫刻コンクールで宇部市賞を受賞
1964 現代日本美術展にて受賞
1965 日本国際美術展に出品
「彫刻をつくる」(共著)を美術出版社より刊行
1967 MADE WITH PAPER展(ニューヨーク)に出品
紙のフォルム展(東京彫刻センター)
「紙のフォルム」を求龍堂より出版 (同書は'68年度毎日出版文化賞を受賞)
1968 日本現代彫刻展に出品('70)
紙のフォルム展(神奈川県立近代美術館)
1969 万国博覧会日本館の展示設計に参画−同館のシンボル彫刻を制作
紙のフォルム展(広島市/日立市)を開催
1970 「紙のかたち」を美術出版社より刊行
1971 宇佐市庁舎にレリーフ彫刻を制作
1972 東京芸術大学講師となる
1973 すばらしい紙の世界(銀座・松屋)に出品
女子美術大学講師となる(以後'83まで)
1976 「紙のフォルム ?」を求龍堂より刊行
1977 紙のフォルム展(銀座・松屋)
ラバウルの戦没者碑を制作(以後'85まで)
パプアニューギニア ボルネオ等の碑文を制作
1981 紙のエスプリ展(東京・パレフランス)に出品
1982 現代紙の造形「韓国と日本」展(ソウル・京都近代美術館)
1985 秋田大学講師となる
1986 広島県大柿町の平塩五男顕彰碑を制作
1987 中国電力本社の彫刻「躍進」を制作
東京都立松沢病院の彫刻「いのち」を制作
紙のフォルム展(呉市立美術館)
1988 呉共済病院の彫刻「芽」を制作
1989 「紙のフォルム」を求龍堂より刊行
1990 大阪市立淀商業高校50周年記念碑を制作
1992 個展 ギャラリー新居(大阪)
大分県立病院モニュメントを制作
日本製鋼所・府中「刻の雫」を制作
1993 広島大学「パンセ72」を制作
インドネシア戦没者の碑文制作/設計 菊竹清訓建築設計事務所
1994 インド平和碑文制作/設計 菊竹清訓建築設計事務所
1995 バハロフスク死亡者慰霊碑文制作/設計 菊竹清訓建築設計事務所
1996 千島・樺太戦没者の碑文制作/設計 菊竹清訓建築設計事務所
1997 個展 ギャラリー新居 東京店(以後2000、2002、2005)
2006 個展 ギャラリー新居 大阪本店
通り過ぎる人
「天球の詩 S-1」


室内
「天球の詩 S-2」


水辺の風景
「天球の詩 S-3」


尾川宏「05−02」
「05−02」


尾川宏「05−04」
「05−04」


トップページへ ■ 作家紹介のページへ ■ このページのトップへ