ギャラリー新居東京
トップページ展覧会作家紹介新着作品画廊案内リンクお問い合わせ

作家紹介

須田 剋太 KOKUTA SUDA

●略歴
1906 埼玉県吹上町( 現:鴻巣市 )に生まれる。本名・勝三郎。
1927 埼玉県立熊谷中学校(旧制)卒業。芸大を受験したが失敗。  
浦和市に在住し、独学で絵を学ぶ。  
寺内萬治郎より光風会展、官展への出品を勧める。
1945 奈良・新薬師寺に寄寓中に知り合った岡田静と結婚。
1947 西宮へ転居。
1949 光風会を退会し国画会会員になる。  
この頃、抽象絵画の旗手・長谷川三郎と出会い彼の理論に共鳴し、以降、主に抽象画を制作。
1957 「第4回サンパウロ・ビエンナーレ」展に出品。以降、海外でも活躍。
1969 犬養道子著『日本人の記録 犬養木堂』の連載始まり挿絵を担当。
1971 週刊朝日の司馬遼太郎著『街道をゆく』の連載始まり挿絵を担当。
1989 埼玉県立近代美術館「(抽象)展」開催。
1990 大阪府および飯田市美術博物館「知られざる須田剋太の世界‐抽象画と書・陶‐」開催。
大阪府および飯田市美術博物館に作品寄贈。
死去、享年84歳。
1997 東大阪市民美術センター「須田剋太『街道をゆく』原画展」開催。以後毎年開催。
1999 大阪府立現代美術センター「須田剋太『街道をゆく』挿絵原画展」開催。
2002 大阪府立現代美術センター「須田剋太『街道をゆく』挿絵原画展」開催。
2005 大阪府近つ飛鳥博物館・関西国際空港・大阪府立中之島中央図書館  「須田剋太が描いた司馬遼太郎『街道をゆく』展」開催。

●主な受賞歴
1962 西宮市民文化賞
1976 吹上町文化功労賞
1977 大阪芸術賞
1983 『街道をゆく』の挿絵で第十四回講談社出版文化賞さし絵賞
須田剋太「自画像」
「自画像」




トップページへ ■ 作家紹介のページへ ■ このページのトップへ