ギャラリー新居東京
トップページ展覧会作家紹介新着作品画廊案内リンクお問い合わせ

これまでに開催した展覧会

【 2012年 】

移転記念展
移転記念展

移転記念展

移転記念展
 
期  間■ 2012年1月23日(月)〜 2月24日(金)
平 日…11:00〜19:00
(土曜日18:00P.M.まで 日曜 休廊)

内  容■ 新しいギャラリーでの最初の展覧会です。
これまでにご紹介させていただき、画廊を支えて
くださっている作家の方々の作品でスタートします。
皆様のご来廊を楽しみにお待ちしております。
そして、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

出品作家■
内田初音
尾川宏
川村良紀
タカムラ香利
谷川夏樹
東松照明
中辻悦子
ナメ川コーイチ
樋勝朋巳
森くみ子
吉沢美沙
渡部裕二
クーバッハ・ウィルムゼン・ティーム



渡部裕二展 −Phenomenal scenery/素晴らしい景色−
Reflex 03
「Reflex 03」


peony 01
「peony 01」


Girls drawing 197
「Girls drawing 197」

 
期  間■ 2011年3月16日(金)〜4月6日(金)
日曜日 休廊
11:00〜19:00(土曜日・祝日18:00まで)
日曜日休廊

経歴・内容■ 1974年 三重県生まれ。名古屋芸術大卒。
現代美術センターCCA北九州修了後、同レジデンスプログラムに参加。2004年「カフェ・イン・水戸」(水戸芸術館)に参加、2005年AIR Antwerpen(ベルギー)での滞在制作を経て、現在は国内のみならず、海外でも精力的に活動しております。
森や星、女性などを緻密にドローイングし「想い出」や「記憶」のヴィジュアル化をテーマにした作品は海外でも評価が高く、デンマークでは画集も刊行されております。
2010年にはVOCA展にも選出され、いま注目の作家です。
東京では4年振りの個展になる今回は、ドローイング作品に加え、映像作品によるインスタレーションも発表致します。また、2000年から2012年までの制作活動をまとめたカタログも限定販売致します。ぜひご高覧ください。

作家コメント■ 記憶や想い出ヴィジュアル化することは事象を再構成することだ。
この再構成された世界の中で私は他者の在り方を認識できるのだ。
他者というのは自分以外の存在であり、この世界そのものなのだ。
私が「認識する」ことによって世界は私を肯定してくれるのだ。
私が失っていく時を構成し続ける理由は、この世界に肯定されたいからなのだろう。
この素晴らしい景色が私を認めてくれる。


渡部裕二の作家紹介は→コチラ


川村良紀 −ともにある景色−
朝のクモ
「朝のクモ」


桃源を歩く
「桃源を歩く」


花冷えの朝
「花冷えの朝」


 
期  間■ 2012年5月11日(金)〜 5月31日(木)
日曜日 休廊
11:00〜19:00(土曜日のみ18:00まで)
内  容■ 作家は千葉県野田市のアトリエ付近の豊かな自然をモチーフに水彩で心象風景を描き続けてきました。今回の新作は身近な風景や、いとしいモノたちを、繊細で伸びやかなタッチで描き、色彩あふれる作品になりました。
約20点を展示いたします。ぜひ、ご高覧下さい。


川村良紀の作家紹介は→コチラ


第7回 日本写真家ユニオン オリジナルプリント展
石丸幸一郎
石丸幸一郎

唐木孝治
唐木孝治

坂本阡弘
坂本阡弘

佐藤理
佐藤理

佐藤浩視
佐藤浩視

長野良市
長野良市

吉田加代
吉田加代

 
期  間■ 2012年6月15日(金)〜 6月29日(金)
平 日…11:00〜19:00
(土曜日18:00P.M.まで 日曜 休廊)

内  容■ このたび、当ギャラリーでは東京写真月間の時期に合わせ、第7回目となる日本写真家ユニオンとの提携企画であるオリジナルプリント展を開催いたします。
今年は初出品の作家3名を含め7名の作家をご紹介。
はじめて写真作品をコレクションする方にも最適な小品も展示販売致します。
是非、この機会にオリジナルプリントの持つ魅力を感じて下さい。

出品作家■

石丸幸一郎
唐木孝治
坂本阡弘
佐藤理

佐藤浩視
長野良市
吉田加代




谷川夏樹展 −つなぎとめるもの−
Sunayama Beach
「Sunayama Beach」


Mr. Bitt Looking Back with Mr. Container
「Mr. Bitt Looking Back
with Mr. Container」


Orbits at Shirahama Beach
「Orbits at Shirahama Beach」


 
期  間■ 2012年7月6日(金)〜 8月3日(金)
日曜日 休廊
11:00〜19:00(土曜日のみ18:00まで)
尚、初日7月6日(金)は20:00まで営業致します。

内  容■ 1976年生まれ、兵庫県在住。
2000年から屋号をEARTH CONTAINER としてコンテナをテーマとした作家活動をはじめる。
油彩による平面作品と平行して、実物のコンテナによるフィールドワークを展開し、アートと社会の関係についての可能性を模索しています。
2年半振りとなる今回の個展では、油彩・ドローイングの他、東京では初展示となる立体作品やこれまでのフィールドワークを写真作品として発表します。
夢と現実を往来しながら広がるコンテナくんと仲間たちの新しい世界観を、ぜひ、ご高覧下さい。


谷川夏樹の作家紹介は→コチラ


秋の版画展
Sunayama Beach
ベン・シャーン
「マルテの手記より: 小さな草花のたたずまい」


Mr. Bitt Looking Back with Mr. Container
ジャコメッティ
「散らばった葉」より


Orbits at Shirahama Beach
エルンスト
「二羽の鳥(ブルー)」


 
期  間■ 2012年10月12日(金)〜 10月31日(水)
日曜日 休廊
11:00〜19:00(土曜日のみ18:00まで)

コメント■ このたび、当ギャラリーでは国内外の著名な作家の版画作品を展示販売致します。
銅版画、リトグラフ、シルクスクリーンなど種類も作品のテーマもさまざまです。
是非、この機会にオリジナル版画の持つ魅力をお楽しみ下さい。


ベン・シャーンの作家紹介は→コチラ


室麻衣子展 −束の間の森−
ここで誰かが目覚めた。
「ここで誰かが目覚めた。」


ピンクのカラス
「ピンクのカラス」


街へ
「街へ」


 
期  間■ 2012年11月8日(木)〜 11月22日(木)
日曜日 休廊
11:00〜19:00(土曜日のみ18:00まで)

経歴・内容■ 1974年 東京生まれ。1996獨協大学外国語学部英語学科卒業。
1997〜約4年間メキシコに滞在、メキシコ国立芸術大学ラ・エスメラルダなどでアートを学ぶ。帰国後、KOBATAKE工房にて彫刻を学ぶ。 2001- 個人での活動の他、アートユニット”TALLER LA COCHERA”としても活動開始。現在は主にソロでの活動を中心に作品を発表。個展グループ展多数開催。
今回の個展ではメキシコのアマテ紙(樹皮を叩いて作られた)に、独特な色彩とイメージで描かれた平面作品や陶・フエルト・リボンなどで作られた今にも動き出しそうな立体作品、レリーフ作品などを展示致します。
またメキシコ人アーティストInttonとのコラボレーションアニメーションも上映。
ぜひ「束の間の森」をお楽しみ下さい。

作家コメント■ 決して誰にも盗めないもの… それはあなたが楽しんだ時間。
これは私がメキシコのおまわりさんに教わった言葉です。 そんな、誰にも盗まれることのない、至福の瞬間を作れるような作品になれば嬉しく思います。


室麻衣子の作家紹介は→コチラ


内田初音展 −わたしのあしあと−
one day 2012-12
「one day 2012-12」


one day 2012-13
「one day 2012-13」


one day 2012-18
「one day 2012-18」

 
期  間■ 2012年11月30日(金)〜12月15日(土)
11:00〜19:00まで
土曜日・日曜日18:00まで
会期中無休

内  容■ 内田初音は1974年熊本県生まれ。99年愛知県立芸術大学大学院を修了。
これまで、個展やグループ展などで油彩やコラージュの作品を発表してきました。今回、2年ぶりの個展でも引き続き、作家自身の身の回りのモノや心の安らぎを感じる事象をモチーフにしたコラージュ作品を展示致します。画面の前にたたずむと、普遍的な日々の暮らしがいきいきと伝ってくるように感じられます。ぜひご高覧下さい。



内田初音の作家紹介は→コチラ



トップページへ ■ 展覧会のトップページへ ■ このページのトップへ