ギャラリー新居東京
トップページ展覧会作家紹介新着作品画廊案内リンクお問い合わせ

これまでに開催した展覧会

【 2018年 】

内田初音展 わたしのあしあと −ひとつひとつやれることから−
one day 2017-1
「one day 2017-1」


one day 2017-2
「one day 2017-2」


one day 2017-3
「one day 2017-3」

 
期  間■ 2018年3月19日(月)〜 3月31日(土)
11:00〜19:00まで
土曜日・祝日(21日) 18:00まで
日曜日休廊
内  容■ 内田初音は1999年愛知県立芸術大学大学院を修了。
これまで、個展やグループ展などで油彩やコラージュの作品を発表してきました。今回4年ぶりの個展では、日記を綴るように制作されたコラージュの小品を多数展示致します。
温かな日々の暮らしが、いきいきと伝ってくる作品をぜひご覧ください。


内田初音の作家紹介は→コチラ



野波 実 陶展
野波実

野波実

野波実
期  間 ■ 2018年6月9日(土)〜6月23日(土)
11:00〜19:00(土曜18:00まで)
【作家在廊予定】水・金・土曜日 13:00〜
内  容 ■ 野波 実(のなみ まこと)
1970年生まれ。
大学時代 やきものに出会い、自分で掘った土を薪の窯で焼くことで器が出来ることの不思議さから、さまざまなやきものに興味を持つようになる。
卒業後、沖縄や信楽に住み作陶。1999年に神奈川に拠点を移し制作。
主に蹴轆轤(けろくろ)を使い、土がまだ柔らかかったときの雰囲気が残っている作品づくりを心掛けています。
今展では生活の彩りになるように願って制作された白磁や青白磁の食器を中心に、陶土による動物もの(掛け花入)も合わせて展示します。ぜひ、ご高覧ください。



トップページへ ■ 展覧会のトップページへ ■ このページのトップへ