ギャラリー新居東京
トップページ展覧会作家紹介新着作品画廊案内リンクお問い合わせ

展覧会

マツモトヨーコ展 −大切なこと−
音楽がきこえる
「音楽がきこえる」

期  間 ■ 2018年11月16日(金)〜12月1日(土)
11:00〜19:00
(土曜日・祝日は18:00迄)
日曜休廊
経歴 ・ 内容■ 1984年 京都市立芸術大学大学院版画専攻修了。画家、版画家。
マツモトさんは書籍の表紙や新聞、雑誌などのイラストレーションも多数手がけています。
マツモトさんの作品は、人物の不在を描くことで、鑑賞者に気配やぬくもりを感じさせるような作風です。
主人公が画面から一瞬フレームアウトしているかのような空気感。
自身の記憶や思いとリンクさせながら、お楽しみください。
新作約25点を展示致します。
作家コメント■ 「美しいもの、あたたかいもの、楽しいもの、明るいもの、 やさしいもの、幸せなものを徹底して描き続けたい。
なぜならそれらは人が失ってはいけないもの、忘れてはならないものだから。」


マツモトヨーコの作家紹介は→コチラ



谷川夏樹展 −コンテナくん灯台をゆく−
Sunayama Beach
「Mr.Container Visits Tsunoshima Lighthouse」

期  間 ■ 2018年10月26日(金)〜11月10日(土)
11:00〜19:00
(土曜日・11/3 祝日18:00まで)
日曜休廊
内  容 ■ 13才から独学で油絵を描き始めた谷川夏樹。
現在は油彩・アクリル画の平面作品と平行して実物のコンテナを用いた作品など、コンテナをテーマとした作家活動を続け、アートと社会の関わりについての可能性を探っています。
6年ぶりとなる今回の個展では、会期中に灯台記念日(11/1)があり、今年はちょうど150周年の節目の年と重なりました。これを記念しコンテナくんが日本各地の灯台をめぐります。
新作約20点を発表します。ぜひ、ご高覧ください。


谷川夏樹の作家紹介は→コチラ



これまでに開催した展覧会

*詳しくは展覧会名をクリックしてください。


2018年
one day 2017-1
内田初音展 わたしのあしあと
−ひとつひとつやれることから−
(2018年3月19日〜3月31日)
野波実
野波 実
陶展
(2018年6月9日〜6月23日)
むろまいこ
むろまいこ展
−森の小道−
(2018年6月29日〜7月21日)
川村良紀
川村良紀展
(2018年7月27日〜8月10日)
土田ヒロミ
土田ヒロミ
写真展
(2018年9月14日〜9月29日)
森くみ子 2018
縹藍紺JAPANBLUE 2018 第9回 森くみ子展 −深遠なる蒼い時間−
(2018年10月5日〜10月20日)


2017年
佐藤理「木こり」
佐藤理展
−山人−
(2017年9月9日〜9月22日)
春近し
土田若菜 写真展
−わがままな涙−
(2017年11月18日〜11月25日)
長谷川双葉
長谷川双葉展
−Birthday−
(2017年12月1日〜12月16日)


>> 2016年の展覧会 >> 2015年の展覧会 >> 2014年の展覧会
>> 2013年の展覧会 >> 2012年の展覧会 >> 2011年の展覧会
>> 2010年の展覧会 >> 2009年の展覧会 >> 2008年の展覧会
>> 2007年の展覧会 >> 2006年の展覧会  


トップページへ ■ このページのトップへ